「後方カメラ 装備義務化」 徳島新聞より

国土交通省は1日、自動車後方の状況が確認できるバックカメラか、センサーの装備を自動車メーカーに義務づける方針を明らかにした。

来年5月以降の新車対象ですが、視覚障害者にとっても安全への近道となることを期待できるニュースです。当会の盲導犬ユーザーのことも書かれています。視覚障害者にとって周りの状況が分からないことのリスクは大きいです。バックカメラかセンサーの装備の義務化によって危険を回避できるリスクは軽減されますが、ドライバーの皆様には注意確認を怠らないことを切にお願いいたします。

前の記事

3頭の盲導犬